盛り上がりを見せてているドローン!ドローン(Drone)とは?

最近よくメディアなどで耳にするドローン。

空中からの撮影ができる機械?

分かっているようで、分かっていない点も多いドローンについてご紹介します!


目次

・ドローンとは

・ドローンの名前の由来

・ドローンの種類や用途

-娯楽用

-産業・商業用

  1. 撮影用

  2. 運搬用

  3. 農業用

  4. 外壁調査用

  5. 災害時の活用

・まとめ



ドローンとは?

ドローンとは『無線操縦で飛行する無人航空機』のことです。


ドローンは、元々は軍事用として誕生しました。無人航空機・無人車両・無人船舶など自律的に作動する機械の総称をドローンと呼んでいたようです。


その後、さまざまな開発者の手によって、高性能且つ小型化が進められ、産業用・商業用に広く使用されるようになっていきます。2010年には一般人でも比較的簡単に入手・飛行が出来るドローンが普及されはじめ、ドローンはより身近なものとなりました。


2015年に航空法の改正により、下記がドローン定義として定められました。

  1. 構造上、人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船

  2. 遠隔操作または自動操縦により飛行させることができる

  3. 機体の重量が200g以上

ただし、一般的には200g未満の機体を含むプロペラが4つの無人航空機の総称としてドローンと呼ばれることが多くなっています。



ドローンの名前の由来は?

ドローンは英語で『drone』と書きますが、『オスの蜂』という意味で、

『ブーン』という蜂の羽音とドローンが飛行する際のプロペラ音が似ていることからこう呼ばれるようになったと言われています。



ドローンの種類や用途

ドローンの種類は大きく分けると2種類で、娯楽用と産業・商業用です。

一部使用例を記載していきます。



娯楽用ドローン

安価なものから比較的高価なものまで幅広い種類の娯楽用ドローンが販売されています。

その中でも200g未満の小型ドローンは、【トイドローン】とも呼ばれています。

用途としては、単に操縦を楽しむ、空撮を楽しむ、スポーツとしてレースを行うなどさまざまです。

今では数多くのレースイベントが開催されています。



産業用・商業用ドローン

娯楽用のドローンに比べると高価となりますが、その分機能も本格的です。用途の一例をご紹介します。



1.撮影用

ドローンによる空撮技術の発展により、人力ではあり得ない角度や場所からの撮影が可能となりました。

娯楽用ドローンよりも高性能なカメラが搭載されていることから、重量はそれなりに重くなってしまいますが、複数のプロペラやジャイロ、加速度センサーが搭載されていることで、安定した飛行が出来るようになっています。

バッテリーの高性能化が進んでいますが、飛行時間はおよそ30分間ほどなのが一般的です。



2.運搬用

さまざまな企業がドローンを使用した物流、運搬を実現化するべく日々実証実験が進められています。無人で空を飛んで運ぶことが出来れば大幅な時間短縮、効率UPが望めます。

しかし、特に日本では、航空法の問題や目視できる範囲でしか飛ばすことが出来ないなどクリアすべき課題や規制が多々あり、実現化は決して簡単ではありませんが、日々進化している為、実現される日はそう遠くないかもしれません。



3.農業用

農薬や肥料などを人の手で行う農家がほとんどでしたが、人手不足や農家の高齢化などの問題がありました。そこで登場したのがエンジン駆動するような大型のラジコンヘリを使用した農薬散布です。ただし、機体が大きい、操縦が難しい、期待本体もかなり高額という点から、専門業者への外注化が主流でした。

これに対し、より安価で操作性が良い、騒音も少ないドローンの登場により、農家さんが自ら購入して導入するケースも増えてきているようです。



4.外壁調査用

以前までは外壁・家屋調査では、足場を組む作業から始まるのが一般的でしたが、ドローンで調査する場合はその工程がなく、従来より低コスト且つ短時間で調査できるようになります。

また、高性能赤外線カメラで建物に発生している日々割れや外壁の浮きなどの瑕疵をピンポイントで発見することが可能になるため、原因を従来より早く見つけることができるようになるメリットがあります。当社でも多くの依頼をいただいています。



5.災害時の活用

近年、国内でもさまざまな自然災害が多くなっています。

災害現場では、危険が伴い立ち入ることが困難なケースが多くあります。上空からの状況確認はこれまでの主役はヘリコプターでした。しかし、飛行高度を低く保つことは困難でした。そんな時に無人機であるドローンが役立ちます。ドローンに搭載したカメラで被害状況を確認したり、赤外線カメラを搭載して被災者の体温を感知し素早く発見できたりと、救助活動でも活用されています。



まとめ

ここに記載した用途だけでも様々な分野にドローンが活用されていることがわかります。

ドローンの進化により、産業・商業界は大きな変化を遂げていますが、より安全にドローンを利活用するために、技術開発・環境整備が日々進められています。

今後、用途は更に拡大していきドローンはもっと身近な存在になっていくことでしょう。

50回の閲覧

関連記事

すべて表示